Active Learning 学院

新しい学びを、はじめましょう。

【サッカー】シザース中級!試合で使えるリアルなシザースとは?

 

 

今日は、できるとかっこいいフェイントの1つ。

シザースを自主練したいと思う。

プレーのお手本はうちの男子寮の管理人「あっちさん」にやっていただいた。

あっちさん、よろしく頼みます!

今日は中級、少し難しいかもしれないが、頑張ってついてきてくれ。

 

 

f:id:bluecrane:20181106184158j:plain

 

シザースの練習の前に、なぜシザースをやるのか、シザースをやる意味を考えよう。

シザースに限らず、フェイントというのは相手を抜くためにやるもんだ。

そして、サッカーの最終目的はゴールを決めること。

そのためのドリブルであり、フェイントであり、シザースだ。

ここを忘れないようにな。

んでもって、シザースをやる意味だけど、俺は3つあると思ってる。

 

  1. 相手DFの体勢をくずす、または足を動かなくさせること。
  2. 相手DFの足をさそい出すこと。
  3. 相手DFとのかけひきに勝つこと。

 

今日の中級編では、1つ目と2つ目を練習していこう。

 

 

 

【ステップ1】大胆に、大袈裟に、大きくまたぐ。

 

よくやってしまいがちなのが、またぐのを小さくしてしまうこと。

これじゃ意味がない。

相手の体勢をくずすには、またぎは大胆に、大袈裟に、大きくした方がいい。

その際のポイントは腰をスライドさせることだ。

足だけでまたぐ、足だけ外側に移動させるシザースは意味がない。

俺のリアルさの追求に反する。

しっかりと、ボールを本当に蹴りだすつもりで、つま先を、より正確に言えばアウトフロントを外側に移動させよう。

それに連動させて、ひざ、こしも外側に移動させよう。

腰を外側に移動させることをしっかりと意識すると、シザースを大きく見せることができるぞ。

 

 

【ステップ2】ゆっくりからはやく

 

 フェイントっていうのは、フェイントをかける前から勝負は始まってる。

さらに言えば、フェイントをかけた後でも勝負は続いている。

フェイントはフェイントをかける前のドリブル、フェイントをかけた後のドリブルも重要なんだ。

まず、基本はフェイントをかける前のドリブルはゆっくり。

そして、抜いたあとは加速して、ドリブルははやく。

これを自主練でもしっかりやろう。

自主練のときに、フェイントをかけたあとのドリブルを適当に流してしまう人は多い。

ここですげー成長の差が出るから、しっかりやろうぜ。

んでもって、加速するときのポイントが初級編でも言った、足裏だ。

シザースしたあとは、足の裏を全部地面につけず、少しかかとを上げておこう。

人間、走るときに足の裏を全部つけて走る人はいないだろう?

はやく走るにはかかとは浮かせてるはずだ。

シザースなどのフェイントもそれは同じ。

これを意識しながら、ドリブルからシザースで抜くまでの一連の流れを練習してみよう。

抜く前はゆっくりドリブル。

またいだ足は、かかとを少し浮かす。

ボールを蹴りだしたと同時に、一気に加速する。

 

 

以上、中級編でした。

ここで復習だ。

 

f:id:bluecrane:20181106184537j:plain

 

中級のシザースのポイントは2つ。

大胆に、大袈裟に、大きくまたぐこと。

ゆっくりからはやく、を意識すること。

大きくまたぐことで、相手の体勢をくずすことができる。

ゆっくりのドリブルをいれることで、相手の足をさそい出せるようになる。

こちらの隙をあえて見せることで、相手に足を出させるんだ。

そこからシザースをいれることで、さらに相手は足を出したくなっちまうんだ。

ここまでしっかり出来れば、試合でもどんどんシザースで相手を抜けるようになるぞ。

 

 

【チャンネル登録はこちら】

www.youtube.com