Active Learning 学院

新しい学びを、はじめましょう。

【必見】効率的にテスト勉強!時間管理術!

 

 

みなさんは、

仕事や勉強をはじめても、なかなか終わらない……。

もうすぐテストなのに、なかなか集中して勉強ができない……。

なんてことはありませんか?

今日は、そんなみなさんのために、モチベーションが続き、生産性も上がる方法をご紹介します。

 

 

 

f:id:bluecrane:20181103184444j:plain

【ポモドーロ・テクニック】

 

ポモドーロ・テクニックとは、1990年代の初めに、イタリアの起業家で、作家のフランチェスコ・シリロ氏によって発明されました。

「ポモドーロ」とはイタリア語で「トマト」という意味で、学生時代に愛用していたトマト型のキッチンタイマーにちなんで、ポモドーロ・テクニックという名前をつけられたそうです。

このテクニックは、大きな仕事や目標が目の前にあるとき、達成までのステップを短く分けて、途中に短い休憩をはさむだけです。

一般的には、「25分の勉強+5分の休憩」を繰り返す場合が多いようです。

2時間を休憩なしに、ぶっ通しで仕事や勉強をするよりも、短い時間に集中して作業をこなし、途中に短い休憩をはさむ方が、モチベーションや集中力が続きやすいのです。

その結果、マラソンのような長時間勉強よりも、ダッシュを繰り返す短時間勉強・短時間休憩の方が生産性が上がり、仕事や勉強の成果も出しやすいのです。

 

 

 

f:id:bluecrane:20181103184642j:plain

 1.道のりを把握する

 

テストの日までに、どこまでを勉強しなくてはいけないのか。

ゴールまでの道のりをしっかりと把握しましょう。

そのためには、まず最終的なゴールを確認すること。

そして、途中の小さなゴールを決めることが大切です。

小さなゴールを達成したときは、無理せずに、短い休憩をはさみましょう。

 

 

 

f:id:bluecrane:20181103184744j:plain

2.環境を整える

 

勉強中にアラームが鳴ったりすると、集中力が乱されます。

他にも視界の先にゲームや漫画などが置いてあったりすると、ついつい気になってプレイしてしまったり、読んでしまったりしてしまいます。

これでは、勉強もうまく進みません。

勉強を始める前に、そういった集中力を奪うものは視界に入らないようにしておきましょう。

 

 

 

 

f:id:bluecrane:20181103184427j:plain

3.時間を管理する

 

ポモドーロ・テクニックは「25分作業して、5分休む」という繰り返しです。

この時間をタイマーなどで時間管理しておきましょう。

大切なのは、こまめに休憩を入れながら、仕事中や勉強中は全力でそれに集中するということです。

これは1人での勉強だけでなく、学校の授業や会社の会議などでも同じことが言えると思います。

無駄に長い会議や無駄に話が長い授業はやめて、短く集中する時間と短く休憩する時間をはさみながら会議や授業などを進めると結果的に効率や生産性が上がるのではないでしょうか。

 

 

 

「おもしろい!」と思ってくれた方、

アクティブラーニングに興味がある方、

子どもたちの教育に関心がある方、

チャンネル登録、よろしくお願いします!

 

www.youtube.com