Active Learning 学院

新しい学びを、はじめましょう。

【小学生】正方形と長方形の面積(答え)

f:id:bluecrane:20181101170030j:plain

 

【青の図形の面積】

1つのマス目が「1㎝×1㎝」の正方形になっています。

そうすると、青の図形の中には1㎠の正方形が9個あるので、

答えは、9㎠になります。

 

≪公式≫

青の図形のたての長さは3㎝、よこの長さは3㎝なので、これを公式に当てはめます。

式 3×3=9

答え 9㎠

 

 

 

【赤の図形の面積】

1つのマス目が「1㎝×1㎝」の正方形になっています。

そうすると、赤の図形の中には1㎠の正方形が15個あるので、

答えは、15㎠になります。

 

≪公式≫

赤の図形のたての長さは3㎝、よこの長さは5㎝なので、これを公式に当てはめます。

式 3×5=9

答え 15㎠

 

 

 

【緑の図形の面積】

1つのマス目が「1㎝×1㎝」の正方形になっています。

そうすると、赤の図形の中には1㎠の正方形が24個あるので、

答えは、24㎠になります。

 

f:id:bluecrane:20181101171525j:plain

≪計算≫

緑の図形を一度、長方形に直します。

そうすると、たての長さは5㎝、よこの長さは7㎝なので、これを公式に当てはめます。

 

5×7=35 ・・・①

 

次に、緑の図形をもとの形に戻すために、先ほど足した黄色の図形の部分の面積を求めます。

黄色の図形は「たての長さ2㎝、よこの長さ5㎝の長方形」と「1辺が1㎝の正方形」が合体した図形です。

そうすると……、

 

(2×5)+(1×1)=11 ・・・②

 

もとの緑の図形の面積は「①-②」で求めることができるので。

 

35-11=24

 

答え 24㎠

 

この問題は解き方は他にもたくさんあるので、いろいろな解法を考えてみましょう。

答えが正確に解けることも大切ですが、答えを見つけるまでの道のりをいくつ見つけることができるかも、それ以上に大切なのです。

1つの問題に対して、様々なアプローチの仕方を考えましょう。

 

わからいなところがあったなら、こちらで復習してみてください。

 

 

 

チャンネル登録、よろしくお願いします!

 

 

www.youtube.com