日本人という誇り、地球人としての覚悟

f:id:bluecrane:20171227081740j:plain

 前回の続きです

 

【「人に迷惑をかけない教育が子どもの自信を奪う」に疑問】

人に迷惑をかけない教育が子どもの自信を奪う、とありますが一概にそうであるとは言い切れないと思います。

僕はやっぱり公共の場で騒がしくしている子どもを注意しないのはおかしいと思います。

 

「静かにしなさい!」「早くしなさい!」「グズグズしないで!」「ちゃんとしなさい!」

上記のようなことも、自分の中でしっかりと理由が形成されていて、かつ、感情的な理由(ストレスやイライラ)でなければ良いと思うのです(『命令型』の声掛け)

つまり、怒るのではなく叱るという愛のある教育であるなら良いと思うのです。

 

確かに、感情的な注意は子どもの好奇心や自己肯定感を遮る行為かもしれません。

子どもの自信を奪ってしまう行為かもしれません。

しかし、それは本来叱るという教育的行為を怒るという利己的行為にしてしまうから、子どもに親のイライラが伝染して、知的好奇心に歯止めがかかってしまうのではないでしょうか。

 

迷惑をかけたときに怒るのではなく、迷惑をかけるまえに子どもと話し合い予防線をうつ親の存在が必要なのです。

迷惑をかけてしまったとしても、失敗してしまったとしても、しっかりと子どもの意見を聞きながらフィードバックをしてあげる、自己反省を促す大人の存在が必要なのです。

 

そういった「しつけ」は子どもたちの自信を奪う行為ではなく、子どもたちに自覚と覚悟をもたらすための大切な行為なのです。

 

子どもは「まわりに迷惑をかけて成長する、失敗を繰り返して成長する」というのは一理ありますが、それは子どもが持つべき心構えではなく、大人が持つべき心構えです。

子どもはそんな懐の深い大人の背中を見て、失敗を恐れず挑戦するようになるのです。

人を幸せにするための挑戦が推奨される・失敗が許される文化は重要ですが、人に意味もなく危害を加えるような挑戦が推奨されるようになるのは好ましくないと僕は思います。

 

 

【覚悟を持って、子どもと向き合う】

理性的に注意しても何度もやるくらいの信念と好奇心があるならば、そこに未知の価値を子どもは見出しているのかもしれません。

 

しかし、それが好奇心なのか、自制心の低さなのかは見極める必要があるでしょう。

そして後者の場合、子どもの自制心が低い、モチベーション維持が難しいというのは当たり前です。

モチベーション維持(自制心制御の補助)のための「命令型」声掛けは良いと僕は思っています。

 

信念や覚悟を持った創造的破壊は良いと思いますが、やはり人に迷惑をかけるような破壊行為は避けるべきですし、親や信頼できる大人による「しつけ」が必要です。

 

迷惑をかけてしまったときに必要なのは自覚です。

大切なものを守る、新しい価値を手に入れる、しかし、それらは代償を伴うものです。

誰かに迷惑をかけた、人を傷つけた、失敗した……。

それらを自覚することが必要なのです。

何かに挑戦するときも、誰かに迷惑をかけてしまうかもしれないという覚悟が必要なのです。

 

しかし、子どもがそれに自分自身で気付くのは難しいでしょう。

だからやはり、子どもが成長するためにも親からの「しつけ(フィードバック)」が必要なのです。

そして、親は覚悟を持って「許す」ことが必要なのです。

 

過干渉や情報の与えすぎは良くないですが、やはり何もしてあげないというのも良くないです。

しっかりと、子どもと話し合っていきましょう。

日本人の美徳を大切にしましょう。

 

 

【僕たちは地球人として、地球に貢献しなくてはいけない】

資本主義の世の中は競争社会であり、「競争社会が格差社会を生む」というのが現在のシステムです。

しかし、人類が欲しているのは競争の勝者ではなく、発明家です。

 

概念を発明するのが哲学者。

物体を発明するのが科学者。

現象を発明するのが芸術家。

社会を発明するのが革命家。

 

発明家を育むために、世界中の素晴らしい教育を取り入れつつ、日本教育の良い部分も残したり、組み合わせたり、混ぜ合わせたりしたいですね。

また、日本人としての誇りを忘れず、地球人として世界中の人と手を取り合って、世界を牽引する、変えていく、世界の新しい捉え方を提起していく覚悟を持ちたいですね。

 

 

~子どもたちへ~

「誰かを大切に思うということは、その人を傷つける覚悟をするということだよ」

平塚静(『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』ライトノベル・アニメ)

 

人に迷惑をかけてしまったとき。

誰かを傷つけてしまったとき。

失敗してしまったとき。

どんな天才だって、どんな一流の選手だって、誰にでもある。

でも、それをそのままで終わらせるつもりかい?

君は一生、そこにいるつもりかい?

覚悟を持って、その一歩を踏み出そう。

 

 

~参考文献~

船津徹(2017)『世界標準の子育て』ダイヤモンド社

渡航『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』小学館ガガガ文庫